> 契約後、きちんとした返済を

契約後、きちんとした返済を

銀行や消費者金融の融資を契約後は、しっかりとした
返済計画を立てることが大切になってきます。
無理のない計画を立てるためにはいくつかのポイントがあります。

本来、銀行や消費者金融から融資の受けることのできる金額というのは、
無理のない金額となっています。その理由は、融資を申し込む際に、
銀行や消費者金融に職業や収入をチェックされます。
その際にとくに重要になってくるのが、可処分所得です。

可処分所得によって決まる融資額

可処分所得とは、給料から税金や返済義務のある支払いを差し引いた金額であり、
その金額の量によって、融資の受けられる限度額が変わってきます。
これらの情報で、融資を受ける人がどのくらいの金額ならば、
支払いに差し支えが無いということを考えた上で、
融資を許可することになるからです。

そのため、契約後に支払う金額というのは、無理の無い金額となっており、
銀行や消費者金融にとっては支払って当然だと思われる金額になっています。
しっかりとした支払いの計画を立てることは簡単なはずなのです。

複数社の場合は注意が必要

しかし、これは一社から融資を受けた場合に限ります。
複数の銀行や消費者金融から融資を受けている場合には、当てはまりません。
複数の銀行や消費者金融から融資を受けていると、
たとえ一社から融資の限度額である収入の三分の一までしか
借り入れられなかったとしても、複数の社から借り入れてしまえば関係が無く、
あっという間に返済可能額の上限を超えてしまうことになります。

そのため、契約後に借金を返そうと思っても支払う金額が足りなく、
そしてまた新たに銀行や消費者金融から融資を受け、
それを支払いに使用する、という悪循環に陥ってしまう場合があります。

そのため、契約後はもちろんのこと、契約前にもなぜ融資を受けるのか、
という目的をはっきりさせ、そして契約後にはしっかりとした返済計画を立てることが大切です。
足りなくなったらすぐに銀行や消費者金融から融資を受けるのではなく、
よく考えてから利用することで契約後の支払い計画もしっかりとしたものになるのです。